審美歯科・美容歯科(セラミックのさし歯や白い詰め物):横浜 有馬ビル歯科(歯科医院・歯医者)

審美歯科(美容歯科)

もっと笑顔が好きになる。
審美歯科治療とは、美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野の事です。
セラミックによるさし歯、白い詰め物、歯のホワイトニング、審美義歯等によって審美回復治療を行います。

当院の審美歯科(美容歯科)治療

審美歯科と言っても、単に見た目の美しさを整える白い歯を入れれば良いという事ではありません。歯には機能的な側面と審美的な側面とがあり、共に健康に関しては重要な要素です。当院での審美歯科治療は、きちんとした診療・治療の延長上に審美・美容というものがあり、患者さんの肉体的及び精神的健康の回復と維持を目的としています。

短期間で歯並びを治す方法や銀色のつめものを白くする方法、黒ずんだ歯間をきれいなピンク色に戻す方法など数多くの審美歯科治療を施術しております。

歯の形・色・歯並び等でのお悩みなどございましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。

白い被せ物

●メタルボンド
金属とセラミックを張り合わせたさし歯の事を指します。現在、一般的に製作されているセラミックのさし歯がこのタイプです。金属フレーム(土台)の上に、セラミックを焼結させた構造ですので、もっとも自然の歯に近い色や形、歯並びを再現できます。長期間お使いになられても、色が変わると言った変色の心配もありません。フレームに使用する金属には、金主体のものと、金とその他の金属との合金のものとがあります。金の含有量が多い金属を使用する程、体に対する異害作用は少なくなります。
●オールセラミックス(ジルコニア等)
オールセラミックは、最も生体親和性が高く、耐食性にも優れていると言えます。オールセラミックを使用した治療の一番大きな特徴は、体にやさしいセラミックのみを使用しますので、金属にアレルギーのある患者さんにも安心してお使い頂けると言う事です。
●ハイブリッドセラミック
レジン(プラスチックみたいな物)に、セラミックスフィラーを配合した素材で製作されたさし歯をハイブリッドセラミックスと呼びます。この素材は、セラミックに比べ軟らかいので対合歯との当たりがソフトであり、破損した時でも修復が容易に行なえます。しかし軟らかいだけに、対磨耗性(磨り減り)はセラミックにかないません。また吸水性がある事から、セラミックに比べて汚れや細菌が付きやすく、長期間お使いになると変色を起こす場合があります。
●ラミネートベニア
歯の表面を一層削り落とし、そこにセラミックやプラスチックの薄いシェルを貼り付ける治療法です。小さい歯を大きくして歯と歯の隙間を閉じたり、着色・変色した歯を白く見せる事ができます。 ホワイトニング適用外の原因による着色(薬剤による着色、先天的な着色など)がある場合にはこの方法をお薦めします。

白い詰め物(部分的な白い詰め物)

●オールセラミックスの詰め物
オールセラミックス素材で詰め物を製作、口腔内にセットします。
●ハイブリッドセラミックスの詰め物
ハイブリッドセラミックス素材で詰め物を製作、口腔内にセットします。
治療前 治療後

白い土台(ファイバーコア)

神経をとった歯に被せ物をするには土台が必要です。通常、保険で行うと樹脂や金属で作りますが、オールセラミックス等の被せ物は透明感が高いのでその色に下地が影響する場合があります。ファイバーコアは白色のため、オールセラミックのさし歯やハイブリッドのさし歯の色に影響を与えません。

歯肉着色の除去(歯肉のホワイトニング)

メラニン色素の沈着などで黒ずんだ歯肉は、レーザーや薬品等で健康な赤い歯肉に戻す事ができます。

クリーニング(クイックジェットによる歯に優しい歯面清掃)

クイックジェットを使用すると、歯を痛める事はなく、ヤニや歯の表面の着色をきれいにする事ができます。

審美義歯(入れ歯)

従来の部分義歯(入れ歯)ですと、義歯を安定させる為に金属の金具(歯にかける針金=クラスプ)が必要でしたが、スマイルデンチャー(ノンクラスプ義歯)ならば金具が必要ありません。

治療前 治療後

▲トップに戻る

お問い合せは、045-312-8240まで

ご予約お問合せ

受付時間

受付時間 9:30~18:30
休診日 日曜・祝祭日・土曜午後

休診日

日曜・祝祭日・土曜午後

医院案内・アクセスはこちら お電話でのお問合せはこちら

審美歯科(美容歯科):神奈川県横浜市西区(横浜駅)の歯科医院・歯医者さん、有馬ビル歯科